スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分のブログを読み返すと結構京都に
よく通っているなあと思う。

昔から何人かの友人がいたりして縁があるのは確かだが
住んだ事もないし懐かしさのようなものも感じないし
この街にはさほど愛着は無いと思う。
肌に馴染む様な?感覚は全然無い。

けれどもこじんまりとした古い街並が
自然と程よく共存していて魅力を感じる。
そう私は「こじんまり」とした街が好きなのだ.

日本人なら誰でも神社や古都に山、川の風景を見れば
心安らぐのは自然な事なのだろう。
よく言われる事だがちょっとパリに似てるとは思う。
フランス人が京都好きなのはよくわかる。
街同士も仲良し?のようだ。

自宅からまあまあ近いのも行きやすい要因のひとつだが
はるか遠くから観光に来る人もかなりいるようだ。
1時間程で違う景色の場所に行けるのだから
行く機会が増えるのもうなずける。
そして天満橋の川の周辺、又は地元商店街付近に
戻ってくるとやんわりほっ~とする。
プチトリップをお手軽に出来るのが嬉しい(^^)

神社、お寺を訪ねるのは好きだが不思議な事に
お城は全然興味が無い。
遺跡もあんまり。。。
これはどこの国に行っても同じだった(笑)



スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 気まぐれ日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。